カジュアルタキシードだからこそ知っておきたい。季節とタキシードの相性

色のいろは。暖色と寒色

014-min

夏モノ。冬モノ。
季節の変わり目には必ず、ファッション誌がその季節に合ったファッションの特集を組んでいますよね。
衣替え、という言葉があるように、春夏秋冬の季節に合わせて、ファッションは替わっていくもの。暑かったら涼しげに。寒かったら暖かく。

もちろん。カジュアルラインのタキシードも同じです。春夏秋冬その季節に合ったタキシードがあるんです。
春らしく。夏らしく。秋らしく。冬らしく。

よく春夏ファッション、秋冬ファッションの2つに分けていますが、理由はカンタン。春夏ファッションは「寒色系」が合わせやすく、秋冬ファッションは「暖色系」が合わせやすいんです。

今回はそんな季節に合わせたカジュアルラインのタキシードをご紹介します。

ちなみに、フォーマルウェアは基本的に季節を問わないものです。
夏だからと言って、白を着ることはなく、春夏秋冬どの季節でもブラックが定番になっています。今回はあくまで「カジュアルなタキシード」ですので、参考にしてください。

 

春ファッション

春らしさと言えば、桜を思い起こさせる淡い色合い。
そのままストレートに淡いピンクが入ったチェック柄などのタキシードもアリですが、意外と淡いブルーも合わせられるんです。

ジャケットそのものをブルーにする必要はありません。たとえばネクタイだったり、ベストだったり。明るく淡い色合いを入れることで、より春らしさが演出できます。

 

夏ファッション

普段着でも選択肢が減ってしまうのが、夏服。シャツで過ごすことが増えるため、コーデがしづらいのも事実です。
だからこそ、カジュアルタキシードの出番です。

カラーはだんぜん、ホワイト系。
ブラックやネイビーのジャケットに、ホワイトのパンツを合わせるだけで、一気に夏らしくなります。最近、人気が上がりはじめているハーフパンツもオススメです。
常夏のリゾート地。海をバックに、ホワイト系のハーフパンツ。それだけで夏を満喫できそうです。

 

秋ファッション

夏ほど暑くなく、冬ほど寒くない。
ファッションの自由度がもっとも高い季節と言えるかもしれません。

少し涼しくなりはじめ、冬を意識しはじめるのが秋ファッションの特徴。
冬ほど暖色にこだわる必要はありませんが、寒々しいファッションよりも、ホッとするようなぬくもりのある色を選ぶのがオススメ。

たとえば、グレー系やベージュ系ですね。

 

冬ファッション

タキシードに関して言えば、「ぜったいNG」というカラーがないぐらい、冬はさまざまな色合いと合わせやすい季節です。
ブラック系はもちろん、ホワイト系も合わせられるから不思議です。

冬はアウター、アイテムもポイント。
コート、マフラー、ストールなど。自分好みのものを重ねていくことができます。ただ重ねていくと、上半身と下半身のボリュームバランスが崩れてしまうもの。

そんなときは、サイズがぴったりのパンツを選んでください。
上半身のボリュームに合わせて、下半身も大きめのパンツを合わせてしまうと、だらしなくなってしまいます。
重ね着をしたときこそ、足のラインはスマートに。収縮色であるブラック系のパンツがオススメです。

 

季節によって、これだけの違いがあるんです。
自分に合うことを前提にして、次なるステップではこの季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ