オーダーメイドのタキシードがわかる。3つの要素

オーダーメイドって、どんな風につくっていくの?

015-min

期待感は当然あるけれど、
はじめてなら、オーダーメイドのタキシードって、やっぱりわからないことが多いですよね。

もちろんスタッフが丁寧にお仕立てしていきますが、
そのまえに、オーダーメイドのポイントをお伝えします。

 

採寸

オーダーメイドの要は、なんといっても、この採寸。

意外と、自分の体のことって知らないもの。機会がないと、測ることなんてないですから無理もありません。
ただ、測ればわかります。
採寸して、自分の体に合ったファッションを身にまとったときのフィット感、全体のバランス感は格別です。バチッとキマります。
タキシードに限らず、オーダースーツもその他のオーダーメイドファッションも、自分の体に合ったファッションはカッコいいんです。

さらに。
採寸とひと口に言っても、ただ測るだけではありません。タキシードが映えるための採寸を専門家がおこなうので、体型とタキシードの相性もばっちりになるんです。

 

生地選び

用途、予算などを考えながら、生地を選びます。
たとえば今後、フォーマルな場をメインに着ていきたいのか。カジュアルな場をメインに着ていきたいのか。用途によって、似合う生地は替わるもの。
こういう場面にも着ていきたいんだけど。
そんな風に、スタッフにいろいろ要望を出してみてください。考えてもみなかった相性バツグンの生地と出会えるかもしれません。

また、色の違いが見られるのも、生地選びのいいところ。同じブラックでも、濃いブラックもあれば、淡いブラック、光沢の入ったブラックもあります。
実際に見て、合わせてみることで、イメージがはっきりとしてきますよ。

 

デザイン選び

選べるのは生地だけではありません。
パンツ、襟のカタチ、ボタンなどなど。タキシードって選べる幅がホントに広いんです。
フォーマルでもカジュアルでも第一線を走る、タキシードの遊び心を思いきり楽しんでください。トータルバランスで、あなただけのスタイルを確立していきます。

ブラックの蝶ネクタイでフォーマルな感じにするのか。ネクタイでカラーバリエーションに幅を持たせるのか。
カマーバンドでベーシックなタキシードを堪能するのか。ファンシーカラーのベストでカジュアルな感じにするのか。

いろいろ寄り道しちゃってください。

 

いかがだったでしょうか。
この3つがオーダーメイドのポイントです。

難しいことはありません。どの工程も目指すものは同じ。すべて、「お気に入りの一着をつくるため」なんです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ