タキシードに合う靴は?オペラパンプス?相性のいい靴の選び方。

タキシードの靴は、オペラパンプスが一般的?

ジャケットやカマーバンド、ベスト、蝶ネクタイとタキシード一式をそろえていくうえで、つい後まわしになってしまいがちなのが、靴です。
しかし。
ビジネススーツと同じように、靴は「格の高さ」を表現しているもの。持っている革靴で合わせるのもアリですが、今回はタキシードの靴についてお伝えします。

タキシードの靴と言えば、オペラパンプスが一般的とよく言われます。

オペラパンプスとは、その名のとおり、オペラなどの観劇をはじめ、舞踏会や晩餐会のフォーマルな場で合わせる紳士用靴です。
素材はおもにエナメル。ヒモや留め具がなく、代わりにリボン飾りがついています。はじめて見る方は、「えっ? これってメンズですか?」と尋ねてしまうかもしれません。
でも、れっきとしたメンズの靴なんです。

黒のエナメル製オペラパンプスが、ブラック・タイのタキシードに合わせるドレスコードとされています。
フォーマルな場で履けば、「わかっているな」と思われること間違いナシです。

 

オペラパンプスに限らない。持っている革靴でもOK

ただ。
セミフォーマル、カジュアルな場面となると、話は変わります。たとえば、立食パーティーやドライブデート、クルージングでは、やっぱり「歩きやすい」ことも大切です。

つまり、オペラパンプスである必要はなく、お持ちの革靴で合わせるのもOKなんです。ヒモや留め具の有無を気にすることもありません。

黒の革靴がいちばん合わせやすいですが、タキシードの色に合わせて、ブラック以外の靴を選ぶのもアリです。
ホワイト系のタキシードなら、白い革靴やブラウン系の革靴。ゴールド系のタキシードなら、白い革靴もスマートでカッコよくキマります。

 

タキシードには内羽根の革靴を

最近ではあまりこだわらなくなったので、
あくまで予備知識として、外羽根の靴と内羽根の靴の違いを。

タキシードに合わせる靴なら、内羽根をオススメされることでしょう。

内羽根? 外羽根?
ヒモを通していく左右の革が、内にしまわれているものが内羽根。外にひらいているものが外羽根。革靴を見ると、かならずそのどちらかだと思います。

ちょっと強引にまとめてしまうと、内羽根は王室での室内履きにルーツがあり、外羽根は戦闘用にルーツがあります。
どんどん歩くことを「想定していない」のが、内羽根。どんどん歩くことを「想定している」のが外羽根なんですね。

つまり、タキシードには内羽根ということです。

 

タキシードの靴についてお伝えしてきましたが、
なにより大切なことは、ピカピカに磨かれていることです。

タキシードでお出かけの際は、靴をピカピカにしてあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ