胸ポケのハンカチ?ポケットチーフです!知ればタキシードスタイルがよりおしゃれに

必須のアクセサリー。ポケットチーフ

見られていないようで、しっかりと見られているポケットチーフ。さりげないのに存在感がありますよね。

タキシードのオマケと思ったら、大きな間違い。胸もとを華やかに際立たせるうえ、スマートな印象まで与えてくれる必須アイテムです。
事実。タキシードに限らず、メンズファッションのトレンドアイテムとして挿す方も増えてきています。
同じファッションでも、「ポケットチーフがある」と「ポケットチーフがない」とでは印象が変わってくるんです。

Neil Mさん(@jlucasclothiers)が投稿した写真

でも。
ポケットチーフって、そもそも何だろう?
生地は何でもいいのだろうか? それともルールがあるのだろうか?
どうやって挿せばいいのだろう? 折り方って決まっているのだろうか?

意外と知らないことが多かったりします。今回はそんなポケットチーフのことをお伝えしますね。

 

フォーマルとカジュアル。ポケットチーフの違い

ポケットチーフとは、ポケットハンカチーフのこと。胸ポケットに入れたハンカチはすべてポケットチーフと呼ばれます。

結婚式やあらたまったパーティーなど。フォーマルな場ではドレスコードとして必要不可欠なアイテムです。
燕尾服(テールコート)、モーニングコートなど正礼装を着用する際は、麻か木綿の白いチーフを胸もとへ。準礼装であるタキシードでもフォーマルな場である場合は、同じように麻か木綿の白いチーフを挿すことをオススメします。

しかし。
一転、カジュアルな場では、白にこだわる必要はありません。生地も麻、木綿でなくてもかまいません。
言ってしまえば、自由なんです。ネクタイと同じと考えたらいいんです。ネクタイも結婚式では白でも、カジュアルな場ではいろんな色、柄を巻きますよね。

チェックなどの柄もの。縁どりに色が入ったもの。ラメが入ったもの。
生地も麻、木綿、絹、ポリエステル。ほかにも、たとえば余った布の切れ端、女性用のレースがついたもの。いかに自由かがわかりますね。
新郎さんであれば、新婦さんのドレスの余った布をポケットチーフにする場合もあるんです。

大切なことは、自身のタキシードに合っているかどうか。

あともうひとつ、大切なことがあります。

それは。
もし異性の相手と一緒に参加しているならば、相手のファッションの色合いに合わせること。赤のドレスを着ているなら、赤色の入ったチーフを挿すことです。

まさに紳士的。

 

やってみるとカンタン。ポケットチーフの挿し方

挿し方は、おもに5種類。
フォーマルな場では、スリーピークがオススメですが、カジュアルな場では挿し方も自由です。

・スリーピークス
三角を3回つづけて折り、3つの山をつくって、その3つの山が胸ポケットから出るように挿します。フォーマルならこれで決まりですね。

・トライアングル(ワンピーク)
名前のとおり、三角を1つつくって、その1つの山が胸ポケットから出るように挿します。カジュアルでスマート。合わせやすい挿し方です。

・スクエア
こちらも名前のとおり、四角形を1つつくって、その1つの四角形が胸ポケットから出るように挿します。落ち着きある雰囲気になります。

・パフド
まず1枚のチーフで、てるてる坊主をつくります。その頭のほうが胸ポケットから出るように挿します。これがパッフドです。カジュアル感バツグンで人気が高いです。

・クラッシュド
こちらはパッフドと上下逆さま。1枚のチーフでつくったてるてる坊主。その足のほうが胸ポケットから出るように挿します。華やかな花束のようになります。

どれも簡単ですので、ひととおり挿してみて、お気に入りを見つけるのもいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ