パーティーのマナーを知れば、もっとタキシードが楽しくなる


パーティーのマナー。「平服でお越しください」のワナ

友人のパーティー、会社のパーティーに招待されたものの、「平服でお越しください」との文言が。その一言に頭を抱えた方も多いのでは?

平服って何だ?
いったい何を着ていけばいいの?

まさか、ジーパンにポロシャツでいいわけがないし。ビジネススーツってのも正解じゃない気がするし。大人のマナーとして、何となく聞きづらいし。
結婚式の招待状にも書いてあることが増えてきた「平服でお越しください」の文言。

じつは、「平服」には正しい意味があります。その意味を正しく理解しておけば、「平服でお越しください」の一言に悩む必要はなくなります。

「平服とは、普段着」ではありません。「平服とは、略礼装」のことを指します。

略礼装?
略礼装とはいったい何でしょうか?

 

フォーマルの場なら絶対に押さえたい。正装、準礼装、略礼装

冠婚葬祭などのフォーマルな場面において、服装の選択肢は、3つに分けられます。

  •  正装(正礼装)
  •  準礼装
  •  略礼装

この3つです。正装がもっともフォーマル度が高く、略礼装がもっともフォーマル度が低くなっています。とは言え、あくまでカジュアルではなく、失礼にならないフォーマルな服装です。
時間帯によって着る衣装が替わる「ドレスコード」については、すでにお伝えしたとおり。それでは、わかりやすく並べてみましょう。

昼間の正装は、モーニングコート。
夜間の正装は、燕尾服(テールコート)。

昼間の準礼装は、ディレクターズスーツ。
夜間の準礼装は、タキシード。

そして、「平服」にあたる略礼装は、昼夜を問わずブラックスーツなんです。いわゆる濃い黒色のスーツですね。
慶事のときには白ネクタイやシルバーのネクタイ。弔事のときには黒のネクタイ。ネクタイひとつで慶事にも弔事にも対応できます。

最近では、正装や準礼装、略礼装という言葉は使わず、単に「礼服」と言うことが増えてきましたが、この礼服とは、略礼装、ブラックスーツのことを言います。

 

オトナ男子なら、ブラックスーツよりタキシード

じゃあ、「平服でお越しください」と書いてあったら、ブラックスーツを着ていけばいいのか。

いえいえ。
ちょっと待ってください。

社会人になって1年目、2年目ならブラックスーツもいいでしょう。
しかし、社会のなかで経験を重ねていくと、結婚式や披露宴など慶事の際、ブラックスーツを着ていないオシャレな男性たちが増えてきます。それもどんどん増えていきます。

堅苦しさのない、大人の楽しみ方を知っているファッション。

そんな大人男子たちが着ているものが、タキシードです。選択肢のないブラックスーツとは違い、シーンに合わせて遊ぶことのできるタキシード。

 

準礼装としてのおカタいタキシードから一歩先のタキシードスタイルへ。
大人なあなたらしさを楽しんで、「平服でお越しください」の文言に、心を躍らせてみてはいかがでしょうか。