結婚式だけじゃない。タキシードがキマる場面


結婚式、結婚式の2次会だけじゃもったいない

タキシードはカッコいいと思うけど、着ていく場面というか場所がなあ。結婚式とか結婚式の2次会だって、そこまで頻繁にあるわけじゃないし。

いえいえ。
結婚式や結婚式の2次会だけじゃもったいない。じつは、意外とあるんです。タキシードがバシッとキマる場面が。

今回は、そんなタキシードがキマる場面、場所をお伝えします。イメージがわいて、きっといまとはちょっと違う、楽しみなことが増えていきますよ。

海外ではあたりまえ。タキシードでパーティーへ

仕事に追われたり、忙しい毎日に追われたり。そんな目まぐるしさが解放されて、わいわいと楽しめるのがパーティーの魅力。

最近は、気軽に参加できるパーティーが増えています。
ホテルが主催しているもの、レストランが主催しているもの、個人や団体が主催しているもの。日時や地域で調べたら、かならずどこかでひらかれています。
いつもの友人だったり、懐かしい友人だったり、新しい友人だったり。あるいは異性だったり。刺激をもらって、与えて、まさに新しいなにかと出会える場です。

そこへポロシャツ、ジーンズで行くのは、NG。
ビジネススーツでも堅苦しさが残って、雰囲気にはちょっと合いません。

パーティーといえば、タキシード。
やはりオシャレなタキシードでビシッとキメたいところです。

おしゃれにキマる。ディナーはタキシードで

大切な人との2人きりの食事。
夜景が見えるレストランで、海が見えるホテルで。そこまでじゃなくても、いつもよりちょっとオシャレな場所で。

タキシードはもともと、夜間用の礼服。
つまり、夜にビシッとキマるよう工夫されたファッションなんです。まさしくディナーにピッタリ。

相手もきっといつもより気持ちを込めて、ファッションを選んできたことでしょう。相手の気持ちに応えて、こちらもカッコよくいきたいもの。
カジュアルだけど、特別感が演出できる。タキシードが見事にキマる場面です。

もしプロポーズを考えているのなら、忘れられない思い出をオシャレなタキシードがバッチリ支えてくれることでしょう。

オトナ男子の遊び。コンサート、演奏会、ディナーショーなど芸術系の催しも

タキシードと聞いて、美しいレッドカーペットを思い浮かべる方。多いのではないでしょうか?
あのレッドカーペットをさっそうと歩く、タキシードを着た海外の俳優さんや歌手、クラシックの演奏家たち。

もちろん、フォーマルな場という意味もありますが、
それ以上に、洗練されたタキシードのフォルム、スタイルと芸術の相性がとってもいいんです。

芸術に耳をかたむけている時間、芸術に目を向けている時間。その姿を想像してみてください。
タキシードがピッタリくる姿をしているのではないでしょうか。

ほんの一例を紹介しました。まだまだあるんです。タキシードでキメて、大人を遊び尽くしちゃってください。