体型から選ぶ、カジュアルタキシードの着こなし術


あなたはどのタイプ? 4種類の体型

こんにちは
大阪、箕面でオーダータキシード、レンタルタキシード、オーダースーツを
お作りしているタキスタです。

この服って似合ってるのかな。似合ってないかな。
「気に入った」と一目惚れして、即買いすることもありますが、
タキシードに限らず、ファッション選びはいつも迷ってしまうところ。

あれもいいなあ。これもいいなあ。
もちろん、迷うのもファッション選びの楽しいところです。

そして、せっかく迷ったなら、「似合うもの」を身につけたい。

自分に似合うタキシード。今回は「体型」という点から、
自分に似合うタキシードを選ぶ方法をお伝えします。
ちなみに、タキシードに限ったことではなく、スーツや普段着にも応用できる
「色のマジック」です。

男性の体型を、ちょっと乱暴ですが、大きく4つに分けました。

小柄・痩せタイプ
小柄・ぽちゃ(がっしり)タイプ
大柄・痩せタイプ
大柄・ぽちゃ(がっしり)タイプ
あなたはどのタイプでしょうか?

小柄・痩せタイプ

スリムを強調しながらも、しっかりと存在感をアピールできるのがベスト。

さて。少し話はかわって、
カラーには、「膨張色」と「収縮色」があります。

膨張色とは、明るい色、薄い色など、大きく見せられる色です。
収縮色とは、暗い色、濃い色など、小さく見せられる色です。

この「膨張色」と「収縮色」を押さえておくと、ファッション選びのヒントになるんです。

小柄・痩せタイプの場合、
「スリムを強調しながらも、しっかりと存在感をアピールできるのがベスト」ですから、
選ぶなら「膨張色」のタキシードがオススメ。
ホワイト系、ベージュ系など。光沢の入ったタキシードを選ぶのもいいかもしれませんね。

小柄・ぽちゃ(がっしり)タイプ

ヨコ幅が出ないようにしながら、タテのラインを強調できるのがベスト。

痩せタイプとは違って、選ぶなら「収縮色」がオススメです。ブラック系、ネイビー系など。
きゅっと身体のラインが締まるようなカラーを選んではいかがでしょうか。
がっしりとしている方も身体のラインが締まるので、体格の良さが際立って、
カッコよくキマります。

また、カマーバンドよりもベストのほうがいいですね。
カマーバンドはどうしても、ヨコ幅を強調してしまうんです。
ですから、ベストで合わせてみてください。
とくにタテのストライプは、身体のラインをシャープに見せられます。