色から選ぶタキシード。人気のカラーを一挙紹介

タキシードって、こんなにもカラーバリエーションがあるの?

黒、濃紺のイメージが強いタキシードですが、
じつは、それ以外のカラーバリエーションも豊富なんです。

いわゆる「ファンシータキシード」ですね。
黒、濃紺以外のカラー、チェックやストライプなどのデザインが入っているもの。それらを総称して、「ファンシータキシード」と呼んでいます。
カジュアルラインのタキシードと考えたら、間違いありません。

豊富なカラーバリエーション。豊富なデザインバリエーション。選べる楽しさがあるのも、タキシードの魅力。
フォーマルの印象が強い色から順番に並べていきますので、
イメージを膨らませながら、ぜひ自分の好みと合わせてみてください。

 

○ブラック

やはりコレなしにタキシードは語れません。王道のブラック。 ただ、ひと口にブラックと言っても、その幅の広さには驚くばかり。 グレー系ブラック、ネイビー系ブラック、光沢のあるブラックなど。そのため、フォーマルな印象を与えながら、カジュアル使いも可能。 ファンシーカラーをお探しの場合でも、ご試着の際はかならず一度はブラック系を羽織ることをオススメします。        

 

○ホワイト

結婚式で新郎が着るカラー、というイメージがありますが、 もともとは避暑地、リゾート地で着るファンシータキシードなんです。 太陽の日をサングラスで反射させながら、プールサイドを歩く。そんなときは有無を言わせず、ホワイトのタキシードです。 避暑地でのタキシードとあって、ホワイトのハーフパンツと合わせてもオシャレです。  

 

○グレー・シルバー

  Groom Consultさん(@groomconsult)が投稿した写真

フォーマルにもカジュアルにも可能。わがままが通ってしまう懐の広いカラーが、このグレー&シルバー。 チェック、ストライプなど。上着のデザインを遊べるのもこのカラーの特徴。 光沢の入ったシルバーは、夜間の礼装であるタキシードの真骨頂。夜にこそ、その絶大な効果を発揮して、キマること間違いナシ。

 

○ベージュ・ゴールド

このあたりから、カジュアル要素が強くなっていきます。 光沢の入ったゴールドは、シルバー以上の存在感。日常では味わえない、あでやかな夜を飾ります。ときには思いっきりキザに。 オトコの本能を呼び覚ましてしまうかも。

 

○ブルー・ネイビー

 

Shamik Dasさん(@shamik.das)が投稿した写真

 

ブルーも色の幅が広く、水色から紺色まで。ホワイト系のブルーだったり、ブラック系のブルーだったり。 蝶ネクタイとも、ネクタイとも合わせられるのも特徴。 ネイビー系はボディーラインも引き締まって見えるため、よりスタイリッシュな印象を与えます。濃淡によっては、フォーマルにも使える優れカラー。

 

○グリーン・カーキ

難易度は高くても、唯一無二の渋さが約束されています。スーツでもあまり見ないカラーのため、パーティー会場で渋くキマッて、しっかり注目も集めます。 こだわり屋にこそ着てほしいカラーですね。 カンタンには合わせられないハイセンスな印象を与えるので、大人の余裕を感じさせるのも特徴。        

 

○ブラウン・レッド・ピンク・パープル

  @menwhofashionが投稿した写真

遊び心が止まらない。最高に、純粋なオシャレが楽しめるファンシーカラーたち。

どれも「カッコいい」だけではなく、スーツで表現するのは難しい「可愛さ」も兼ねそなえているので、女性からの印象もグッド。
しかも、合わせてみると、意外とどれも合わせやすいから驚き。
一見ハードルが高そうなレッド系のタキシードも、ブラックのサシ色を効かせるだけでバッチリとサマになります。

 

いかがだったでしょうか。

豊富すぎるカラーバリエーション。フォーマルでもカジュアルでも通用して、とことんまでオシャレを追及できるのはタキシードだけ。

だからこそ、自分に合った最高のカラーを見つけてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ